« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006年4月25日 (火)

静かな青

166385_3_2 このところ七宝を持ち込まれるお客さんが増えている。
文化教室で習っている方達のようで、中には同じお手本を基に作ったと思われる同じモチーフの作品があったりして、「額装まで同じじゃまずいよな」などと思いながら仕事をさせてもらっている。

七宝の作品は基本的に、そこそこ厚みがある。
だから、もし七宝を手軽に額装したいと思ったら油縁を使うのが簡単。
裏板を開けて、オイルライナーの中に作品をはめ込んで固定して、裏板を戻して出来上がり。
額さえあればご家庭でも5分程で完成します。

ただこの方法は一つ注意しなければいけない点があって、それは作品の寸法をあらかじめ額の規格サイズに合わせて作っておかなければならない。
でも、たぶんそんなこと気にして作っている人はほとんどいない。
実際、うちでお預かりしている作品のことごとくが規格外のサイズ。
だから油縁は使えないのでデッサン縁にいろいろ細工して使うことになる。
手間はかかるけどこの方法のほうが額装の選択肢は広がる。

166385_2 そんな感じで今回額装したものの中から一つ紹介。

16-6385 ブルー

イタリア製のカスタムメイドフレームでこの春にでた新作の一つ。
色は他に同じデザインで型番が違うオレンジ・ホワイト・グリーン・ブラウンがある。
発表会の時にサンプルを貰ってから何かに使ってやろうと狙っていて、今回お預かりした作品の中にイメージがピッタリくるものを発見。早速使ってみた。
166385_1 デザイン的にはシンプルな平型タイプで、ムラのあるブルーの所々にクリーム色の擦れたラインが出ていて、ただ青い額とはちょっと違う柔らかさがある。
メーカーからの参考写真では、この額にグスタフ・クリムトの「希望」というタイトルの妊婦の絵が額装してあったけど、今回うちが額装したものにしてもクリムトにしても、このブルーの額には落ち着いた感じの作品が良く合うんじゃないかと思う。
この七宝の作品は、作られた方が少しバランスを気にしているように見受けられた。
見ると、花が・・・たぶんヒメシャラだと思うけどちょっと上の方に寄っているので額装の際にも落ち着きが出るように注意してみた。
166385_4 マットはスエードのブルーと紺で段差をつけた形で途中から色を切り替えてある。
このままだと作品がブルーの中に飲み込まれる感じがあったので銀色のフィレを作品の周りに巻いたが、今度は落ち着きすぎた感じがしたのでフィレの一方の辺だけをマットの上に出してみた。
作品を設置する窓も作品のバランスに合わせて上にずらしてある。

この額を使ってみて感じたのはとにかく仕上がりが静かな感じがする。
先に書いたクリムトを額装してあるものにしても、作品の中に結構ある金色に反して額装品としてのイメージはとにかく静か。
166385_5
太さは38mmと、普通と言えるサイズなので、あまり大きい額にすると印象が弱くなる恐れがある。
今回は太子サイズ(379mm×288mm)に組んで作品に対して少し大きめにしてマット幅を取ってみた。

ブルーが強い分、落着きと同時に少し冷たい感じを受けるかもしれない。
人が団欒するリビングなどの部屋には合わないかもしれないけど、見た人に落着きを感じさせる側面も見逃せない。

少し大人な感じがするブルーを自室に飾ってみてはどうでしょうか。



ブログランキングです。よろしければクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月18日 (火)

昔の額装、今の額装

額装は作品を保存するための方法と何回か書いてきたけど、実は保存額装という考え方が出てきたのは、日本ではここ十年ぐらいの事だったりする。

それまでは極端な話、額はただ飾るための物という感じで、マットさえ入っていなかったり、そうでなければ額の中敷に入っていた厚紙に窓を抜いてマットの代わりに使ってあったりした。
当然、作品を保存するためのノウハウもなかったので、作品が劣化する要素がそのままに額装されていた。

五十年位前にアメリカの美術館等で、ちゃんと保管しているはずの美術品の劣化が問題になり、様々な調査が行われて、それ以降作品を劣化させる様々な要因・・・温度・湿度・使用されている素材の酸性度・ライトの光・壁から発生する様々なガス等などが明らかにされてきた。
そしてその結果を元に文化財保存という考え方と手法が作り出されて実践されてきている。

さっきも書いた通り、日本でもここ十年で作品を保存する事を考慮に入れた素材が数多く出てきた。
P4180007 写真は簡単に紙の酸性度を調べる事が出来る中性紙チェックペンで、二十年ぐらい前の額縁に一緒に入っていたマット紙と、最近のマット紙を調べてみたところ。
このチェックペンは紙が中性からアルカリ性なら紫色のまま変化はなく、酸性ならインクが黄色に変色する。
この通り下に敷いてある最近のマットは紫のまま変化はしなかったけど、上に重ねた古いマットはペンで書いた端から黄色く変色して酸性を示している。
これは別にマットが古くなったからというわけではなくて、この年代の素材は製作工程の問題から酸性である事が多い。
当然というか、この酸性のマット紙で額装された作品は時間とともに酸化して、黄変したりボロボロになったりする。
それに今・昔を問わず作品制作には化学的な画材を使われることが多いので作品自体が強い酸性を持っている事が珍しくない。そういう点からも現在のマット紙は作品の保護の為には欠かせないと言える。

それ以外にも、特に日本では湿度が問題になる。
湿気はカビの原因になるし、ほかにも作品のたるみや油絵のひびの原因になる。
湿度の大きな変化は作品に大きなダメージを与える。
P4180013 そこで最近は調湿紙(SHCペーパー)と言う素材を作品の裏にいれるように額装の際にはお薦めしている。
この紙は従来の乾燥剤などとは違って、湿度が高い時には湿気を吸い、低い時には吐き出して額縁内の湿度を一定に保つ働きをしてくれるし、劣化原因になる化学ガスを吸着して影響を少なくしてくれる。
それになんといっても余計な手間がかからないのが良い。

そういう新しい素材を使える事もあって、昔の・・・それもホンの十年前の額装と今の額装ではその意味も手法も大きく異なっている。
今では多くの額縁メーカーや画材メーカーも作品の保存を考えた素材・画材を開発している。
それでも作品を完璧に保存する方法は今のところ存在しない。
空気に触れれば必ず劣化するし、照明に当てても同じ事。
だから大切な作品には、できるだけ劣化を防ぐ方法を取る事をお勧めしたいと思う。


ブログランキングです。
気になる額装品を持っていると気づいたらクリックお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月11日 (火)

素朴さを修飾する

P4080017 横手由男さんの絵のコピーがあったので額装してみた。

通称 雨さんと呼ばれるこの画家さんはコアなファンが多いのでご存知の人も多いと思うけど、全国を放浪しながら貧しさのなかで誰かに教わる事もなく板絵等の独自の技法を編み出し、旅先で出合った石仏や人物や風景を素朴なタッチで描いた方。
周りにあるものを全て画材に使って、土やコケや花で色をつけたり足元に落ちているものを筆の代わりにしたり、とにかく独創的な感性でシンプルに描き上げられた作品には優しさのような寂しさのような繊細な感じがある。
横手さんの人生を知ると、あるがままにを地でいっている人のようで、そんな人の絵を額縁に入れるというのはちょっと考えと違ってしまうかなとも思うけど、そこは額縁屋のやることとして大目に見てください。

P4080014 作品が白に黒い細いラインで描かれているため額は黒ベースのそんなに太くないものを使おうと思い選択。

アジア30 ブラックグリーン

素材はMDFで表面の模様は3月27日に紹介したメトロ80の色違いのようになっている。ただこのアジア30は種類が今のところ全16種類と豊富で、ただの色違いや模様がまったく違うものまである。
P4110025 今回その中でもこのブラックグリーンを選んだのは作品の雰囲気と横手画伯をイメージして自然の野原のような感じを生かそうと考えたから。

・・・あと、黒が好きだから・・・。


P4080015 正直言ってこの額はどんなものにでも合う。
幅は30mmで見た目の印象も太くなく細くなくとかなり使いやすい。
値段もインチサイズ(254mm×203mm)で2100円とかなりお手ごろで、とりあえず入れておくだけでもお薦めできる。
ただ、面白いものでこういういわゆる普通の額でもレグノ50の時に書いたような衝撃的にはまる作品との出会いというのがある。そのときの色は、今回のこのブラックグリーンではなくて、クラシコゴールドという黒と金色のタイプだったけど、お客さんが東南アジアのお土産で買ってきた大きな刺繍とあまりにはまりすぎて額とマットまで含めて一つの作品のように見えた。
許可を取ってないので写真が載せられないのが残念。
P4080018 そんなことがあるからひょっとしたら今お手持ちの作品がこのブラックグリーンの運命の相手かもしれない。

さて横手画伯の作品の額装。
最大の問題がマット。
作品のイメージから普通に白いマットにしようかとも思ったけど、逆に作品の白を引き立たせるため勝手に少し色を入れることにした。
横手先生ごめんなさい。

P4080016 作品の白を引き立たせるための黒と、土と植物を意識した茶色・緑色のトリプルマットでテクスチャーがよく似たものを選択。
うるさくならない程度に見え幅を調節して真ん中の茶色のマットは少しかたむけた。これで視線が作品に行き易くなったと思う。

通常なら、作者ないし持ち主の意図に沿って額装するのだけど、今回はあくまで私室に飾るインテリアという想定にしてそこに重点を置いて額装してみた。

絵に合わせて選択できるアジア30。あなたの作品に合う色があるはずです。


ブログランキングです。
もしよろしければクリックお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年4月 8日 (土)

猫のいた家の中

今回は額から離れてココログのトラックバック野郎のお題。
「あなたに出会えてよかった!」

P3110659_s ブログ用の写真を整理していて、ハードディスクの中から昔の写真を見つけた。
当時発売したばかりの新しいデジカメを買って、フィルムを気にしなくていいのに嬉しくて大量に撮りまくった写真。
何枚位あるのかわからないが改めて見直してみると一番多い被写体は飼い猫だった。

Rpa072578 確かに思い出してみるとこのころは始終カメラを手にうちの猫を狙っていた覚えがある。
撮影の練習がてら寝ている所に忍び寄ってマクロ撮影。
当時流行っていたデカハナ撮影にチャレンジしようとしたけどフィッシュアイを持っていなかったので広角の近接撮影で何とかそれっぽいものを撮影しようと悪戦苦闘。
さすがにパシャパシャうるさかったのか、気づいて寝ぼけ眼のところをレンズを少し引き気味にしてまたパシャリ。
ほとんど嫌がらせのような状態になっていた。
P3100544_s
それでも本猫にモデルとしての自覚があった訳ではないだろうけど、起きている時はポーズをとったり、こっちに向かって鳴いてみたり、とことこ近づいてきてレンズに鼻水をつけてくれたり、あたり前の対応だけど何故かそんな反応が嬉しくて、また追い掛け回すという事を繰り返していた。
気が付くとうちのパソコンのハードディスクは猫の写真で一杯になっていた。

Pa192598_1 猫を一番可愛がっていたのは祖母だった。
もともと祖母は猫を飼うのを反対していた。
嫌いな訳ではなくて死ぬのを見るのが嫌だということだったが、それでも飼い始めるとあれやこれや世話を焼き、すっかり猫もおばあちゃん子になっていた。

祖母が体調を崩して入院した時も、見舞いに行く度に「猫はどうしている」とか「猫に会いたい」と言うので、さすがに猫を病院に連れて行く訳には行かないから、ハードディスクの中から選りすぐりの写真をA4で印刷して病院のベッドの横の壁を猫一色にした。

P1022705 もうじき猫が死んでから1年になる。
夏祭りの花火大会の日に生後二ヶ月の乳離れしたばかりの時にやって来て、新しい環境と花火の音におびえて机の下に隠れていた。
そしてそれからちょうど10年後の花火大会の前日ソファーの上で死んだ。

考えてみるとこの猫は、うちの中がいろいろあってゴタゴタしていた時期に来て、一段落ついたときに去っていった。
一番つらい時期を慰めてくれた存在だった。

猫は勝手に振舞っていただけだろうけど、心底からこの猫に出会えてよかったと思える。

P1022715



ブログランキングです。
もしよろしければクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 3日 (月)

作品と額縁の関係

P4010012_2 日本国内だけでもどのぐらいの種類の額縁があるのだろうか。
うちで取り扱いしているものだけでも半端じゃない数になるし、それ以外にも探せばまだまだある。
おそらく数千種類。
ひょっとすると数万種類の額縁が自分に合う作品を待っているだろうし、それ以上の数の作品たちが自分に合う額を探している。

フレーマーという仕事は作品と額とをつなぐ、仲人のようなものなのかもしれないが、だけど、なかにはその仲人の目の前で勝手に運命の出会いをはたしているものもある。

そんなことがあった額。

P4010010  レグノ50 古代

イタリア製のレディメイドフレーム。
表面の模様は職人さんたちが一枚一枚手作業で木地を貼っていったもので結構手間がかかっている。
色は他に、木地・マホガニー・アイボリーの3種類があり、この古代だけが色の名前かどうか怪しい。
ご覧のように重厚感のある額でその分存在感もかなりあるけど前に出すぎるということはなく、静かにフォーマルに作品の周りを引き締めてくれる。
インテリア品という事を考えると周りに置いてある他のものとの相性が重要だけど、どうも絵ではなく本物の花との相性もいいようで、この額とスエードのマットを使ってウェルカムボードを作った時のあまりのはまり具合と、考えていた以上の上品さに驚いた。
P4010014
幅は50mmとすこし広いくらい。
しかし実際に見るとそれ以上に幅広く感じるのはたぶん表面の模様の影響。
中に入れる作品は水彩画で淡い色調のものではちょっときついかなという気がするけど、色がしっかり出ているものであれば大丈夫。ダークトーンの色調のものや色数が多くない風景画などにはものすごく合う可能性がある。
この額は油縁もレディメイドで用意されているので、お手持ちの作品に試してみる価値は充分にある。

値段は製作に手間がかかることもあってインチサイズ(254mm×203mm)で7350円。
同じデザインで油縁のレグノ51はサムホールで10290円。

P4010009 この額には以前からかなり興味があって使ってみたいとは思っていたが、何故だかなかなか機会を持てないでいた。そして初めて実品を目にしてあれやこれや額装方法などを考えていたその日、たまたま来られたお客さんからお土産で一枚の絵を頂いた。

それが山口県立美術館所蔵の香月泰男作の「朝陽」の絵葉書だった。

香月泰男はシベリア抑留時代の地獄のような経験をもとに衝撃的な「シベリアシリーズ」を描いて第1回日本芸術大賞を受賞した作家。
この作品は香月泰男がシベリアシリーズの中でも抑留されていたときに見た朝陽を描いたもので、うちの母のお気に入りの絵だという事をお客さんが知っていて持ってきてくれたものだった。
そしてレグノ50と並べてテーブルの上に置いた時のあまりの調和。
額を選ぶ時に考えなければいけない、飾る場所の雰囲気や周りにあるもの色などといった要素を全て吹っ飛ばしたはまり具合にすぐさま額装することにした。
P4010011 額装方法はここまで作品と額の調和が取れているのでシンプルにシングルマット。
作品のイメージからマットの色は黒以外ないだろうと、数種類の、色合いやテクスチャが少しずつ違う黒マットを合わせてみたけどどこか合わない。
全面フラットな黒色が乗っているものだとどうしてもマットが強くなりすぎてしまう。とはいえグレーっぽくすると作品の雰囲気自体を壊してしまうので、いろいろ試行錯誤した結果、作品の周りに少し入っている金色っぽい色とレグノ50の下地になっている木地の色との双方に似たカレハ色のマットに墨で色むらを付けつつ塗ってみた。

この額装品はその後自分で同じ絵葉書を買ってきて何度も作ったが、その都度売れてしまい、今回改めて作り直した。

額縁は作品を引き立てる為の脇役だというのが一般的な認識だと思う。
実際に自分自身でもこの仕事で額に興味を持って良く見ていなければ考えもしなかったと思うけど、額は額で頭を悩ませてデザインをする人がいて一つ一つ手作業で基本の型を作る職人さんがいる。
額を一つの作品としてみる事も出来るんじゃないかと、この香月泰男の「朝陽」の絵葉書とレグノ50の出会いは感じさせてくれた。

主従するのか、補うのか、対等か、お手持ちの作品に出会う為に待っている額縁が世界のどこかに、たぶんあります。



ブログランキングです。
今まで出会ったこのない額に合いたくなったらクリックお願いします。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 1日 (土)

記憶の中のぬくもり

C34104_4_2 額縁にも年に2回、春と秋に新商品発表会がある。
今年も3月8・9日に東京のサンシャインで画材を扱うメーカーが集まる「JAWA-SHOW」が行われた。
ファッション等とは違って、額縁には特別に春物とか秋物とかがあるわけではないけど、メーカーによっては色合いにそういった季節感があるものを選んでいると感じるところもある。

今回は新商品の中から春っぽい色調のものを紹介。
C34104_2
C-34104


イタリア製の額で、種類はカスタムメイドフレーム。
お客さんのご希望通りのサイズで作るタイプになる。
白地の上に赤がかすれたように乗っていて合わせた印象としてはピンクのような感じになっている。
実はこの赤というのは、以外かもしれないが額縁に使う色としては結構珍しい。
もちろんないわけではないけど、種類が豊富なものでもない。
おそらく赤というのはかなりきつい色なので、中に入る作品と合わせ難いということなのだと思う。
その点この額は白と赤を合わせる事で見た目の印象を柔らかくしていて、きつさがあるどころか逆に何か馴染み深い感じを受ける。

C34104_1 今回の作例は残念ながらうちで額装したものじゃない。
これは某メーカーから出ているアートプールシリーズという、ポスターをいろいろな額装テクニックを使って普通とはちょっと違うインテリアに仕上げたおもしろ額装品で、今回の「JAWA-SHOW」で買い付けてきたもの。
この作品だけではなくいろいろ出ているのでまたそのうち紹介しようと思う。

そういうことで中に入っているのはポスター。
なかなか暖かみのある優しい感じの絵でこの額のイメージと良く似ている。
タイトルは「Sunny Day」。手元の資料によると、作者はロビン・ローリングズ(Robbin Rawlings)というアメリカのデザイナーで世界的な評価が高く様々な賞を受けているとのこと。
知らなかったので早速Googleに聞いてみると、まったく出てこない。
そこでアメリカのYahoo!で検索したところ、ご本人のデザイン事務所のホームページを発見。
あまり数が載っていないけど、どの作品も、単色で見ると重たい色を組み合わせて柔らかく表現するという、なかなか独特の色彩感覚をしていると感じる。

C34104_3さてこの額装、作品がポスターであるということを最大限に利用している。
なんと作品をくり貫いて外周部分をマットとして使っている。
そして下に重なる作品の太陽の部分にピンク色のマットをつけてアクセントを作り、上のマットとして使われている部分との間にフォームボードという厚みをつける素材をはさんで段差を作って立体感を出している。
作品をコピーしてマットに使うというのはやった事があるけど、人の作品にカッターの刃を入れるというのはさすがに出来ない。ただポスターだったら結構なことまで出来るなとちょっと悪巧みが思いついたりした。
ただ、額装方法はお任せという依頼をお受けした時いつも感じているのがこの額装という仕事はどこまで手を加えていいのかという見極めが結構難しい。

C34104_5この額は見え幅が35mmで、太さとしては普通だけど、前述のように印象の柔らかい額なので、サイズが結構大きいものにはあまり向いていない思う。

飾る場所は選ばないタイプ。
玄関でもリビングでも自室でも寝室でもおそらくどんな部屋でも合う。あえて言えばリビングのワンポイントというのがおしゃれかもしれない。

同じデザインのもので色違いがあと3種類。
ブルー・イエロー・グリーンがある。

値段はインチサイズ(254mm×203mm)で、9870円也。
ちなみに作例に使った額装品は小売価格14000円です。

昔の記憶に触れているような、ちょっと懐かしいぬくもりを感じさせてくれる額です。



ブログランキングです。部屋に春のぬくもりを感じたらクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »