« クリムト | トップページ | 年賀2007 »

2006年11月18日 (土)

ピカソのニワトリ

Pb140014 以前にも書いた気もするが、額縁にも新作といわれるものが年に何度か発表される。
今年も9月に大阪で行われる額縁の展示会に行ってきていくつか仕入れてきた。
うち一点の額には、見た途端ビビッと来るものがあった。
それはあまり見た事がないデザインだという事もあったけど、それ以上にこの額に入れてみたら面白いんじゃないかという絵に心当たりがあった。

Pb140011 ご存知、パブロ・ピカソの描いた「ニワトリ」。
カラフルでシンプルな線で描かれたこのニワトリの絵はシンプルであるがゆえになかなか額装するのが難しく感じられてそのまま手付かずで在庫になっていた。
そこに今回のこの額。

Pb140010 <E-45020 ヨーヨー 白/赤>
イタリア製の額で、形状としてはシンプルな白地の平型。
そこに特徴的なのが、見ても分かるように額中央の線。
職人さんが手作業で入れたこの線は油彩を盛ったような質感で、下地が白だけにより一層引き立っている。
Pb180024 今回使用したのは「赤・黒・金」の色のラインが入ったタイプ。他にも「青・黒・金」のものもあるが、額装の意図として少し温かみを加えないと寒すぎる感じがするのではないかと思い「赤」の方にした。
結果としては「青」の方でも違和感はないかもしれない。

Pb180025
ピカソのこういうシンプルな線だけで描かれた作品群は、額装をしてみるとなんか違うなという事になりがちだった。
だけどこの額なら大丈夫かもと思い、お客さんからの注文ではないので好き勝手にやってみた。
Pb140009 とは言え、元の絵がカラフルな線で描かれているもののほとんどは紙の白。
額装で広い面積の色を使うのもどうかと思えた。
そこで、作品中に使われている色のうち4色を選び、それらと同じ色のフィレで細く色を使う作戦。
4色(赤・青・緑・黄)の配置は色々試してみながら一番落ち着くところを探した。

Pb170009 マット紙は初めはエンボス地のものを考えていたけど、実際にやってみるとちょっとつまらない。
そこで羽毛をイメージさせるスエードの白を贅沢にも使ってみた。
やっぱり季節的な事もあるし、見ていて暖かい感じがするほうがいいように思える(今は)。
クリスマスを前にして、時期的な雰囲気もでてこれはこれでいいかも。
ただ、完成した直後に欲しいというお客さんが2人も現れて、こいつと一緒にクリスマスを迎えられない予感。

嬉しいのか寂しいのか。

Pb140015


ブログランキングです。
こんなピカソもいいじゃんと思ったらクリックお願いします。

|
|

« クリムト | トップページ | 年賀2007 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

額縁・額装」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132214/12721416

この記事へのトラックバック一覧です: ピカソのニワトリ:

» ニワトリ [動物辞典]
ニワトリニワトリ生物の分類|分類界:  動物門:  脊索動物門綱:  鳥綱目:  キジ目科:  キジ科属:  Gallus種:  gallus学名Gallus gallus和名ニワトリ英名Domestic Chickenニワトリ(鶏)は、鳥類の種のひとつ。人類により、ヤケイから早い時期に家禽化され、...... [続きを読む]

受信: 2006年11月19日 (日) 07時27分

« クリムト | トップページ | 年賀2007 »