« 2009年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年1月

2010年1月28日 (木)

コンピューターマットカッター(CMC)来る!

Nec_0074s

ここ何年かの希望だったコンピューターマットカッター(CMC)をとうとう導入しました。

Dsc_2868s

Dsc_2870s

納入日当日、メーカーの営業さんと技術さんがトラックで運ばれて来た大きな箱を店に運び込んで設置してくれましたが、そのでかいこと。

Nec_0073s

コンピューターマットカッター(CMC)というのは、水彩画などを額装する時に作品の周りにはいるマット紙をコンピュータに入力した寸法通りに機械が切ってくれるという文明の力で、特に、複雑な模様をカットしたり、カットする枚数が多い時にその威力を発揮します。

Footpaint

今回納入したのはアメリカ「WIZARD」社製。

Dsc_2879s

早速いろいろテストしてみました。

まだ使いこなせてはいませんが、今までできなかったことが簡単にできるので、通常の用途以外も含めて想像が膨らみます。

Dsc_2875s

どのぐらい複雑なことができるか仕事の合間を縫って試したいと思っています。

お楽しみに。

ブログランキングです。
よろしければクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年1月25日 (月)

お子さんの着物を額装

Dsc_2782_s

お子さんが小さいころの着物です。

こういったベビードレスや着物などはお子さんが大きくなるとともに着れなくなり思い出と一緒に仕舞いこんでしまうことが多いのではないでしょうか。

最近、うちの店でもお子さんの昔の物を額装してインテリアとして仕立て直すご依頼が増えてきた気がします。

今回のご依頼は着物の模様がよく見えるように背中向きに、内寸をほぼ着物の大きさにしてあります。

Capture981_s

下地に無酸の黒のマット紙と黒のフォームボードを合わせて着物を糸止めしています。

また、着物の肩の部分が崩れないように無酸のフォームボードを短冊に切って入れてあります。

Dsc_2785_s

お客さまが選ばれた額は、アメリカの人気デザイナーJonathan Adler(ジョナサン・アドラー)がデザインした「Thornhill(ソーンヒル)」。

Nec_0051

この額は側面から見た時の美しさにまでこだわってデザインされたそうです。

今回の額装は内寸で1040mm×960mmと大き目のサイズですが保存性も考慮した素材を使用し、外と中のコントラストで着物がよりはっきり見えるようにしてあります。

ブログランキングです。
よろしければクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年1月21日 (木)

耐震用吊金具

P1140040s

先日ハイチで大きな地震があり、かなりの被害が出ています。

静岡でも去年の8月に震度6弱の地震があり、暮れには伊東で群発地震があったりして人事ではなくニュースを見ていました。

うちの店にも去年の地震の時に落ちて壊れた額の補修ないし買い替えのお客さんが幾人か来られました。

ご存知の方々もいらっしゃるでしょうが、額用の壁付け金具が額縁屋やDIYショップなどで売られていますが、最近の地震が多く報道される時勢もあるからか金具メーカーから紐が外れないようにストッパーのついたものが売られるようになりました。

P1140037s

写真の奥が通常品で、手前がセーフティが付いたもの。

ばねによる返しで、指で押さないと外れないようになっています。

P1140038s

P1140039

ワイヤーにも同じ様にセーフティが付いたものが用意されています。

また金具やワイヤーには、安全重量がありますのでご注意ください。

これらの金具を使用すれば地震などの際に紐が切れるなどのことがない限り、かなりの助けになってくれるはずです。

ご家庭の金具が大丈夫か一度確認されるのもいいかと思います。

ブログランキングです。
よろしければクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年1月12日 (火)

ガラスとアクリル

Nec_0053

通常、額縁を購入すると、中にガラスやアクリルまたは塩ビ(簡易のポスターフレームなどに)が入っています。

こういった作品の表面を保護するための素材をグレージングといいますが、お客さんからよく訊かれることに、「ガラスとアクリルのどちらが良いのか?」というのがあります。

上の写真は村松誠さんの猫のポストカードの上にガラスとアクリルを半々にしてあります。
写真の画質のこともありますが、おそらくどちらがどちらかわからないのではないでしょうか。

左がガラスで右がアクリルですが、作品の見え方に関してはどちらもほぼ変わりません。

ではどちらがいいのかという質問ですが、当店ではアクリルをお薦めしています。

というのは「壊れにくさ」と「UVカット」それと「軽量」という利点からです。

当然アクリルにも「静電気による埃」や「傷つき易さ」という問題点はありますが、一般のご家庭に飾るものであれば安全性と保存性を優先したほうがいいのではないかと考えるからです。

ガラスにも「壊れ難いガラス」や「UVカット付きのガラス」があるのですが重量が重く、小さいサイズの物ならともかく、大きいサイズの物になると相当の重量となります(以前、とあるホテルに収めるためのF100ぐらいのサイズの強化低反射ガラスで50kgぐらいになるとメーカーにいわれました)

美術館などの壁の造りやしっかりした管理の出来る場所であればいいのですが家に飾るには、アクリルの方が扱い易いのではないかと思います。

もちろんガラスが駄目と言っているわけではないので、TPOで考えていただければと思います。

ブログランキングです。
よろしければクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年1月 9日 (土)

スポルディングコレクション

Nec_0049

アメリカの大富豪スポルディング兄弟が建築家のフランク・ロイド・ライトを通して集めたものをボストン美術館に「展示しない」ことを条件に寄贈した6500点以上の浮世絵コレクションのなかから厳選した130点をまとめた本が発売されたので購入しました。

このスポルディングコレクションは、研究家でなければ本物を見ることの出来ない秘蔵のコレクションで、質・量とも随一のものだそうです。

NHKが高精細デジタル撮影したものを浮世絵紙に世界最高水準の技術で再現したとのことで、発色がかなり綺麗です。

結構高い本ですが、今のところは満足しています。

ブログランキングです。
よろしければクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年1月 8日 (金)

twitter

噂のtwitterを始めました。

何がつぶやけるかまだわかりませんが、よろしかったらフォローなどして下さい。

左側にもtwitterのヴィジェットと設置してあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年1月 6日 (水)

仕事始め

仕事始め
仕事始めです。

街はまだ正月の雰囲気で人通りがあまりありませんが、早速いくつかのご注文や問い合わせを頂き、正月気分から気持ちを新たにしました。

今月は店内の模様替えも仕事と平行してやらないといけないのでスケジュールで頭を悩ませています。

とりあえず昨年からの持ち越しの額装からスタートです。

写真は正月っぽい額ということで「ジャポネスク」という額です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年1月 2日 (土)

あけましておめでとうございます!

あけましておめでとうございます!
あけましておめでとうございます!

昨年は、いままでやったことのない仕事をやったり、以前ごくごく個人的に学んだ知識が役に立ったりして、多忙ながら挑戦の一年となりました。

今年は1月から新しい機械を導入してのスタートとなる予定です。

よりやれる事の幅が広がりますので今年も色々と挑戦していきたいと思います。
本年もよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2010年1月 1日 (金)

年賀状

Nenga2010_3

ブログランキングです。
よろしければクリックお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2009年6月 | トップページ | 2010年8月 »