« 額装シミュレーション | トップページ | 作品と額縁の出会い »

2014年9月 8日 (月)

デザインカット




水彩画などの厚さの薄い作品を額装する時は、通常マット紙に窓穴を空けて入れることになります。

以前ではこの窓穴を専用のカッターで手切りして切っていたのですが、最近ではコンピューターマットカッター(CMC)の普及もあって早く正確に切ることが容易になってきました。

さらにこのCMCの大きな利点は手切りでは難しい複雑な形状でもある程度までなら切ることができるようなったことです。



このマット紙のデザインカットは海外ではごく普通な手法で、作品のイメージをよりインテリアとして一歩踏み込む補助として使われます。



作品をより良く見せるための手段として一考されるのはどうでしょうか。

|
|

« 額装シミュレーション | トップページ | 作品と額縁の出会い »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

額縁・額装」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132214/60280982

この記事へのトラックバック一覧です: デザインカット:

« 額装シミュレーション | トップページ | 作品と額縁の出会い »