住まい・インテリア

2017年4月28日 (金)

海外旅行で注意したい油絵のサイズの罠




今年もやって来ましたGWです。

今年も多くの方が大型連休中の海外旅行を計画されているのではないでしょうか。
アートの理解が深い文化的な町では街頭で作家さんが自分の作品を展示して売っているを見かけます。
好みの作品との遭遇は運命的なものもありますのでたまたま見かけた作家さんの作品でも通りすがりにビビッとくる事もあるでしょう。
そういった作品との出会いも素敵な旅行の思い出の1ページになります。

ですが、その作品が水彩画やリトグラフのような薄いシート状のものならデッサン縁を使用して通常通りに額装出来ますので良いのですが、木枠に張り込んだキャンバスに描かれてる場合、日本に帰ってから額縁に入れて飾るのにひとつハードルが発生する事があります。

それは、日本と海外で規格サイズにズレがあるということです。




木枠に張られたキャンバスに描かれた作品…多くは油絵になるのと思いますが、現在世界には大きく言って4種類の木枠の『規格サイズ』が存在します。

日本サイズ、フランスサイズ、国際キャンバスサイズ、アメリカサイズです。

よく作品の大きさを表すのに『◯号』とか『F◯』、『P◯』、『M◯』と言うのをお聞きになったことはないでしょうか?

先に上げた4種類の規格サイズの内、アメリカサイズだけは基本の単位がインチ(inch)ベースになることもありこういった『F◯』のような規格ではありません。
ですが、日本サイズ、フランスサイズ、国際キャンバスサイズの3種類は同じcm(センチメートル)基準で『F・P・M』サイズ表記ではあるのですが実はその寸法に多少のズレがあります。



よく使われる木枠サイズの比較リストです。
このズレによって海外で買ってきた作品を日本で買った額縁に額装しようとした場合にうまく入らないということが起こります。その場合特別寸法で額縁を組む事になります。

とは言え気に入った作品との出会いは是非大切にして欲しいという思いもあります。
通常の手法以外の額装方法もありますのでどうしても気に入った作品が木枠に張り込みだった場合は額縁屋にご相談下さい。
出来る限りご要望に沿ったアイディアを提案させて頂きます。

良い旅行を!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月17日 (金)

エルメスのガレ

スカーフは額装すると驚くほどシックリとくるインテリアになる事が多い気がします。
以前にもシャネルやエルメスやジバンシィやカルティエなどのスカーフを額装しましたが、デザイン性の高さもあってかなり上品なインテリア額装として仕上っていました。



写真はその中からエルメスのガレの額装です。
スカーフ自体の寸法がおおよそ90cm角なので、壁に掛けても十分な存在感があります。
中央に描かれてる白馬に乗った人はルイ14世だそうですので歴史を背景にした西洋絵画的な見方もできるのではないでしょうか。

着物でもそうですがファッションの美しさを額装することはオリジナルのインテリア品として十分に『有り』だと思います。

ちょっとしたハンカチでもポストカードフレームやフォトフレームに入れる事で思わぬ効果があるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 4日 (土)

富士宮市 花の湯 おもしろ額装展 始まる

2月に入りましたね。

この記事を書いてる時はすでに立春。
暦の上では春になっていますが、今だに寒い日々が続いています。

寒い時期にはお風呂でしょう!



2月1日より3月29日までの約2ヶ月間、静岡県富士宮市にあります富嶽温泉 花の湯さんにて、静岡県にある額縁屋による『おもしろ額装展』が開催されいます。



これは日頃から一般的には馴染みの薄い額縁・額装屋さんの業務内容や、それに伴い制作したちょっと変わった額装品を展示して皆さんに見て、知ってもらおうというものです。



ポスターや紙での作品だけではなく、立体的なものの額装などなかなかご自分では作りにくいものを展示してあります。

冷えた身体を温泉で暖めてホカホカになってからでも見ていただけるとありがたいです。



お値段が付いている額装品については販売もしております。
展示中の額装品の下側にある各額縁屋さんの連絡先までお知らせ下さい。

富嶽温泉 花の湯さんの住所は、
静岡県富士宮市ひばりが丘805
電話 0544-28-1126

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 4日 (水)

酉年仕事始め

本日は当店の仕事始めです。
早速、朝から店の近所の顔見知りのネコから新年の挨拶を頂きました。





その後お客様も幾人か来られて新年の第一歩と言った感じがしています。

今年は酉年ですし、新年第一弾の額装品はマットカットを生かしたこんな感じでおめでたく行きたいと思います。



二枚重ねてあるマットの下側には着物地を巻き込んであります。



酉形に切ったマット紙の色をを引き立てるためにブラックマットを使用し、溝掘りで視覚的な区切りを付けました。



今年も色々と額装を紹介して行きたいと思っています。
よろしくお付き合いくだされば幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 1日 (日)

明けましておめでとうございます!

2017年、明けましておめでとうございます!
本年もよろしくお願いします!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月31日 (土)

良いお年を

本日は大晦日です。いよいよ今年も最後となりました。

昨年はいろいろ立て込み、手が追いつかない事も多々ありましたが数多くの額装をさせて頂きました。

お客様たちとの額装の打ち合わせの中でその作品に対する気持ちをお聞きし、またそのこだわりにお答えする事で当店としましても多くの事を学ばせて頂きました。

新年は1月4日からの開店となりますが、すでに額装のお話も頂いておりスタートからダッシュして行こうかと思っています。

本年も大変お世話になりました。

新年が皆様にとって良いお年でありさらに多くの大切なものに出会えるよう願っています。

またそれらオンリーワンの大切な品を是非額装させて下さい。

それでは良いお年を!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月25日 (日)

Merry Chirstmas!!!




メリークリスマス!
クリスマスっぽい額装を引っ張り出して来ました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月22日 (木)

クリムトの「接吻」

早いものでもう年末。
町の方からは盛んにクリマスソングが聞こえてきてます。

クリスマスと聞くと連想するものは人それぞれあるでしょうが、私が毎年この時期決まって連想してしまうのは19世紀後半のオーストリアの画家グスタフ・クリムトの色彩です。



有名な作品がいくつもありますし、ご存知な方も多いかと思いますがクリムトいえば官能的でどこか退廃的な画風で、その作品の鮮やかな色彩にも関わらずなぜか作品からは微かな不安感が滲み出る…一般的なクリスマスからは離れたイメージの作家です。

もちろん私もクリスマスからクリムトのすべての作品を連想してるわけではありません。

連想してるのはクリムトの「黄金の時代」と言われる一連の作品群です。
クリムトがこの時期描いた作品は金箔や銀箔を多用し一際絢爛な印象を放っています。
一説には日本の琳派の影響を受けたとも言われていますが、たしかに金箔による陰影を生かした技法は尾形光琳の屏風絵などを彷彿とさせるものがあります。

当店でもいくつかクリムトのポスターなどの印刷物を取り扱っていまして店頭にも展示してあります。

そんな中、前々から気になっていた事を今年のクリスマスに向けてやってみようかと思いました。
と言ってもそんな大げさな事ではなく、在庫にあるクリムトの作品のマット紙を新しくしたいと言うことです。



有名なクリムト黄金の時代の作品の一つ『接吻』です。
作品のモデルになっているのはクリムト自身と恋人のエミーリエ・フレーゲと言われていまして、黄金の時代の例に洩れずこの作品にも金箔が多用されています。

写真のこのリトグラフは"額装品"として仕入れしたものでして額縁とマット紙がすでに付いていました。

ですがどうにもこのホワイトマットと作品内容が合わないような気がしていましたので作品が引き立つように額縁はそのままでマット紙だけ変えてみました。



使用したマット紙は三枚。



一番下にはブラックのマットで切断面にイエローが出るカラーコアマットで作品の色合いに合わせた縁取り。
真ん中には金箔のような色合いで少し模様が入ったもの。
トリプルマットとして重ねる上地には作品中の金を引き立たせるようにブラックのもので光沢感があり若干レザー模様が入っています。
切断面の白い色を出さないように真ん中の金地のマットと一番上のブラックマットは逆ベベルカットにしてあります。



実は今回マット紙を交換した『接吻』の印刷はちょっと特殊な手法を使って作られていて、クリムト作品の金箔・銀箔のような光沢感が作品の一部に入っていますのでそれに合わせてマット紙も光沢感のあるものを選んでみました。

額縁が同じでもマット紙次第で作品の印象がかなり変わったのではないでしょうか。
個人的には変更前のホワイトマットのものよりこちらの方が作品のイメージに近いのではと思います。

クリスマスを連想させる額装になったと思いますか?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月10日 (土)

鏡と額縁




鏡というと家具屋で売っているものと思っていらっしゃる方が多いのではないでしょうか。

実は額縁屋でも鏡の取り扱いがあります。

鏡の周りの縁取りに絵画用の額縁を使う事でよりインテリアに合わせたものを作る事が出来るわけです。

鏡は毎日見る事になる家具ですし気に入ったものを用意するのはいかがでしょうか?






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月27日 (日)

基本的なマットカットの種類

水彩画やリトグラフなどの厚さがあまりない作品を額縁にいれる時に、多くの場合、作品と額縁の間にマット紙を入れます。
これはガラスやアクリルなどのカバー(グレージング)と作品の接触を避けるためやその他の要因からの作品の劣化を抑えるためです。





マット紙の窓抜き部分の切断面は垂直に切る事はあまりありません。
一般的に使われているマット紙は2.0mm前後の厚さがあるのものが多く、垂直切りで窓穴を抜くと飾った時に光の場所によっては作品の表面にマット紙の影が掛かってしまうことがあります。それを避けるために額装での窓抜きにはベベルカットというおよそ45度の角度を付けて切る事が通常です。



とは言え、これもそうでなければいけないというルールがあるわけではありません。
飾る作品の内容や種類によってはあえて垂直切りをする事もありますし、あえて奥行き感をつける事もあります。
また、作品のモチーフによってはベベルカットによって出る紙の中芯の白い色が気になる事もあります。
そんな時はわざと垂直切りや内側に角度を付けて切断面を見えない様にする逆ベベルカットを使用します。



マット紙の窓抜きに飾り装飾を付けるのもよくやる方法です。
これはフィレという素材で額装の高級感をぐっと高めてくれる方法ですし見た目の奥行きも出てきます。



ベベルカットされたマット紙と重ねる事で作品を修飾する表現の幅も広がります。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧